2010年02月17日

ブレイクスルー思考とプラス思考の違い

最近、ブレイクスルー思考を知りました。
プラス思考をもっと楽に深くした考え方です。ご紹介します。

■ブレイクスルー思考とプラス思考の違い

ブレイクスルーとは、目の前にある壁(問題や障害物)そのものに価値を見出し、すべて『自分が計画した価値ある試練』として受け止めることにより、その壁を自分の中に吸収しながら成長をはかり、一見閉じられているかのように見える状況を楽々と突破していくような発想法です。

プラス思考とは物事をプラスに考える事ですが、なかなかマイナスの事が多いとプラスに考えられないのが現状です。また頑張りすぎて疲れる人も多いです。それはいくらプラス方向に考えようとがんばっても、その前提として、「挫折」や「不運」の存在を否定して考えているからです。「挫折から立ち上がろう」「不運だったが乗り越えよう」と考えているかぎり、「歯をくいしばってがんばる」というレベルにとどまってしまい、「試練を楽しみながら前進しよう」という心の余裕が出てきません。

ブレイクスルー思考は、単なるプラス思考にとどまらず、自分に起こるマイナスの事柄は自己成長が出来る有り難い試練「価値ある挫折」「意味ある不運」なんだと考え、自らの困難な状況を乗り越えて行く発想法です。

私はブレークスルー思想家ではなく、ブレークスルーの実践指導家を目指します。

--------------------------------------------



posted by noranora at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141430407
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。